クラスター爆弾モニター報告書(Cluster munitions monitor)とは

ICBL-CMC(地雷禁止国際キャンペーン/クラスター兵器連合)が毎年発行している報告書で、クラスター爆弾に関する各国の政策や被害状況、禁止条約締約国による履行状況をまとめています。

JCBLでは、毎年報告書の発表に合わせて、プレスリリースを発行しています。

 

★NEW★
2017 JCBLプレスリリース / 概要(Major Findings和訳)

2016
2014
2013
2012
2011
2010

 

ICBLは、1999年に対人地雷全面禁止条約が発効して以来、対人地雷に関する報告書を発表し、各国の条約の履行状況をモニタリングしてきました。その成果は、被害が生じる現場に根ざした市民社会の調査による「信頼できるデータ」として国際社会から注目されています。

こちらのウェブサイト(http://www.the-monitor.org/en-gb/our-research/cluster-munition-monitor.aspx)にて過去の資料全てが閲覧可能です。