皆さんは、自分が銀行に預けているお金が何に使われているか知っていますか?

2017年現在、世界にはクラスター爆弾を製造している企業が6社あり、それらの企業に投融資を行っている金融機関が100社以上あり、300億ドル以上の投融資が行われています。日本からも大手金融機関4社が名を連ねており、オスロ条約締約国の中で最も多くの金融機関が投融資を行っています。一方でクラスター爆弾を製造している企業には一切の投融資を行わない、と決めている金融機関も世界にあります。これらの情報はオランダとベルギーのNGOにより調査され、毎年報告書にまとめられています。

JCBLは「私のお金・私の責任」と題し、このような現状が広く認識されるよう活動を行っています。その中で、政府にはクラスター爆弾製造企業への投融資を禁止する法整備を行うよう、金融機関にはそれらの企業に投融資を行わないよう、そして我々個人にはそれらの企業に投融資を行う金融機関の利用を避けるよう求めています。

『私のお金、私の責任―貯金、年金、クラスター爆弾』
1.金融機関に対して、クラスター爆弾製造企業への投資状況について情報開示・説明責任を求めます。
2.金融機関に対して、非人道的兵器を製造する企業への投融資の際のルール作りを求めます。
3.「不名誉リスト」に掲載された機関については、投融資を引き揚げるよう求めます。
4.政府に対し、今後も日本の金融機関が非人道的兵器の製造に関わらないよう、指導を求めます。

◆キャンペーン立ち上げのお知らせ(2009年10月29日発表プレスリリース)


関連ニュース

[myphp file=’myphp’]