★3月20日(火)報告会を開催します!★

■日時 :2018年3月20日(火) 19:00〜20:45(18:30受付)
■会場 :聖心女子大学4号館 /聖心グローバルプラザ 2階 4-2教室
■交通:東京メトロ日比谷線広尾駅 4番出口から徒歩1分
■地図:http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/
■参加費 : 500円(資料代として)

■プログラム:
・ミャンマー情勢に関する概要の解説(根本敬教授)
・ランドマインモニターの解説(目加田説子JCBL理事)
・ミャンマー・カヤー州の現地視察報告(下田寛典JCBL理事)
・質疑応答

■登壇者:


根本敬氏
上智大学綜合グローバル学部教授。専門はビルマ近現代史。著書に『物語ビルマの歴史――王朝時代から現代まで』(中公新書 2014年)、『アウンサンスーチーのビルマ―民主化と国民和解への道』(岩波書店 2015年)など多数。


下田寛典氏(写真右端)
JCBL理事。ミャンマー・カヤー州での地雷被害者支援プロジェクト担当。

■定員 : 60名
■主催 : 地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)、アーユス仏教国際協力ネットワーク
■協力 : 聖心女子大学グローバル共生研究所
■お問合せ/お申込み : 地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)
お申し込みフォーム又は、 office@jcbl-ngo.org までお名前とご連絡先を明記の上、お申し込みください。


クラウドファンディング目標達成!

支援総額 1,137,000円
支援者数 124人

たくさんのご支援、ありがとうございました。
クラウドファンディング終了後もご寄付の受付は継続しています。
引き続き、ご支援と応援を宜しくお願いいたします。


JCBL はミャンマーの地雷被害者への 義足支援をはじめます !!

ミャンマー連邦共和国には、現在、約 40,000 人を超える地雷被害者がいると推定されています。

ミャンマーではかつて軍政と民族グループとの争いの中、多くの地雷が使われました。カヤー州では身体障害を持つ10人に1人が、地雷が原因で障害を負っており、停戦合意がなされた現在も残留した地雷の被害に遭う人が後をたちません。険しい山々に囲まれた村の中で、政府の監視も厳しく外国人が自由に入れない中、これまで現地 NGO が地道に支援活動を積み上げてきました。しかし近年、こうした NGO への外国からの援助が減少し、支援を届けることが難しくなっています。

こうした現状を受け、JCBLは2017年度より、カヤー州での2団体 (KSWDCとKNHWO)と協力し、約50名への義足支援を開始することを決めました。地雷なきミャンマーを実現する一つのアクションとして、今回のプロジェクトがはじまります。

被害者の方が日常生活を取り戻すための一歩となる支援に、ぜひご協力をお願いいたします。


50人の義足製作に 240 万円が必要です

義足を作るのに1人あたり42,000円
(内訳)
遠隔地への旅費・材料費・技師人件費3.8万円
支援にかかる現地管理費0.4万円
※そのほかにJCBL管理費として30万円/年

ご寄付にご協力をお願いします。

◆郵便振替◆
口座番号:00110-2-405727
加入者名:地雷廃絶日本キャンペーン
※通信欄にご住所・お名前と『ミャンマー支援』とお書きください。
◆銀行振込◆
事務局までお問い合わせください。

 


◆調査報告◆
ミャンマー事業についての詳しいご報告は下記ページをご覧ください。

◆2017年3月 ミャンマー出張報告:地雷被害の状況、被害者支援の支援先を検討
◆2017年11月 現地での活動が始まりました、義足を受け取った方からの声
◆2017年12月 クラウドファンディングをスタートします!
◆2018年1月 ミャンマー出張報告1:地雷被害者へのインタビュー(KNHWO)
◆2018年1月 ミャンマー出張報告2:地雷被害者へのインタビュー(KSWDC)
◆2018年1月 ミャンマー出張報告3:地雷の被害は人だけでなく無差別
◆2018年1月 ミャンマー出張報告4:援助から見るミャンマーの現在
◆2018年1月 ミャンマー出張報告5:地雷被害者から支援者へ
◆2018年3月 『ミャンマー情勢と地雷被害者支援』開催しました

新しい報告が入り次第、随時更新予定です。

最終更新日:2018年3月30日