ビルマ/ミャンマーの国内避難民、地雷犠牲者への緊急支援を実施します。

 

ビルマ/ミャンマーにおいて2021年2月に発生した軍部によるクーデターにより、国内の治安が悪化、NGOによる活動もそれまでと同じレベルでは実施が困難となっています。

地方では、地元の各民族を主体としたグループが軍政と対峙し、大小の武力衝突が絶えず、地元民の多くが山林などで避難生活を送っています。

2017年より、タイ国境に近いカヤー州で地雷犠牲者に対する義足支援を続けてきたJCBLの活動についても、地元のパートナー団体であるKNHWO(カレンニー・ヘルスワーカーズ・オーガニゼーション)の工房が治安の悪化で閉鎖されたことで、今年度の活動を見合わせてきました。

こうした状況下、10月中旬にKNHWOから、苦境に立たされているカヤー州の国内避難民と、移動が困難な地雷犠牲者に対する緊急支援を実施したいとの要請を受け、下記の支援を実施することになりました。

政情不安とコロナウイルスの感染拡大で滞っていた支援を少しずつ再開し、障害を抱える人々の暮らしを支えるとともに、KNHWOの工房再開への足掛かりとしたいと思います。

活動内容:

1.ミャンマー東部山岳地域のカヤ―州で避難生活を送る

国内避難民の困窮者に対する衛生キット(タオル、石鹸、

消毒液など)の配布。

2.歩行困難な両足欠損者に対する車椅子の提供 

3.地雷犠牲者に対する松葉づえの支援 25本  

4.上肢欠損者への義手提供 25個

募金の振込先:同封の郵便振替用紙をご利用ください。

*銀行振り込みの方は以下の口座にお願いします。

三菱UFJ銀行(銀行コード00051)支店名:上野支店(店番337)
口座/番号:普通0039883
名義:特定非営利活動法人 地雷廃絶日本キャンペーン

カナ:トクヒ)ジライハイゼツニホンキヤンペーン

Follow me!

前の記事

JCBL第4回オンラインセミナー